ウマウマなライター業

正確な日本語さえ書くことができれば、誰にでも始められるライター業。検索すればいくらでも求人が出てきます。単価にこだわらず、次々と記事を書いて、時給900円を目指しましょう。タイピングの腕も、知識も磨かれます。

文字を書くことができない、という人は今の時代にはほとんどいないでしょう。そしてパソコンで日本語を打つ能力があれば、誰でもライター業を始めることはできます。文章力は、大した問題ではありません。正しい日本語が書ければ、収入3万増は可能です。

早打ちの能力だけが欲しい

 

ライター業を始めるなら、できればブラインドタッチのテクニックは持っておきたいところです。いちいちキーボードを見ながら打っていると、どうしても作業は遅くなりがちです。仕事を進めるうちに自然と身に付いてくる能力ではあるので、必要不可欠ということはありませんが…。最初から効率的に仕事がしたい方は、タイピングの訓練ができるサイトを探し出して、1週間ほどトレーニングしましょう。すぐにマスターできるはずです。

 

求人を検索しよう

ネット上には、実にたくさんのライター募集求人が出ています。正確な日本語を書くことができ、年齢が18歳以上なら、簡単に雇ってもらえるはずです。応募メールの時点から誤字・脱字にはくれぐれも気をつけて、こちらの「やる気」をアピールしましょう。
ライター募集サイト!未経験でも大歓迎!長期・安定的に仕事依頼可!

 

単価にこだわらないこと

ウェブライターの仕事は、決して単価がよくありません。600文字書いて60円程度しかもらえない案件も少なくないでしょう。しかし単価にこだわってはいけません。600文字程度ならば、習熟してくれば1時間で15記事程度書けるようになってきます。時給900円を家で稼げる…ライター業は、在宅ワークの中でも十分に魅力的な仕事です。

 

知識も身に付くライター業

執筆は、基本的にネットを検索しながら情報を得て進めていくことになります。案件によっては、自分の知識にないことを書けと要求されることもあるでしょう。面倒臭いな、と思う方もいるかもしれませんが、これは逆に考えれば知識を身に付けるチャンスにもなります。タイピングの速度も上がり、教養を高めながらお金も稼げる、おいしい仕事です。
文章を読むこと、書くことが好き、という方ならば、苦労もなく続けられる副業となるでしょう。これほどハードルが低くて稼ぎも良い仕事は、他にありません。ライター業でたっぷりとお金を溜めて、好きなものをすべて手に入れてしまいましょう!