週末作曲家で稼ぐ!

「あの頃は作曲家になりたかったんだ……」という社会人の皆様に朗報です。インターネットが普及したことにより音楽でお金を稼ぐ敷居が下がっています。あるポイントを抑えるだけで副業として成立する週末作曲家になれるので是非挑戦してみてください。まだ夢を諦めるには早いですよ!

週末作曲家とは?

週末作曲家は文字通り週末だけ作曲活動をする人達のことです。本業の傍ら、休日を使って楽曲製作を行っています。彼等はあくまで作曲家でありアーティストではありません。自分が作りたい音楽を作り続けるのではなく、個人や企業に依頼されて楽曲製作を行いその対価を受け取っている訳です。

逆にアーティストとして音楽でお金を稼ぐのは非常に敷居が高く難しいことです。作曲家なら最低限の音楽理論と技術さえあれば楽曲製作依頼が舞い込んで来る上、製作料の相場も高めなので、ある程度の金額を稼ぐ事が出来ます。普通の人は作曲など出来ませんから、特殊技能を持ち合わせている作曲家の需要は年齢や性別を問わずあるものです。

オリジナル曲を公開するホームページを開設しよう

作曲家を副業として成立させるために自身のホームページは欠かせません。人によっては学歴や職歴を公開し、自分がいかに優れた作曲家なのかアピールしていることも多いです。需要があるとはいえ売り込みは必ず必要となりますから、その基地となるとホームページの開設をオススメします。

もしホームページの解説方法が分からないという方は無料ブログを利用すると良いでしょう。簡単なユーザー登録でオリジナルブログを開設することができ、サポートも充実しているのでネットに疎い方でも簡単に運営可能です。そこでは自身のプロフィールはもちろん、音楽関連の知識を記事にして公開するのも良いでしょう。それを見たお客様が製作の依頼をしてくることも少なくありません。

プロモーションはSNSが基本!

現代の作曲家に欠かせないのはSNSです。ツイッターやフェイスブックが定番ですが、サウンドクラウドという音楽専用のSNSもありますので色々と試してみるのが良いでしょう。サウンドクラウドはツイッターやフェイスブックのように文字の投稿は出来ませんが、その代わりオリジナル音源を投稿することが出来ます。

投稿した音源を聴いてファンになってくれるユーザーはもちろん、曲の完成度が高ければ製作依頼が舞い込んでくる可能性大です。実際にSNSを通じてメジャーデビューしたアーティストや副業から転換した作曲家も多数おりますので、プロモーションの面も考えるとSNSをやらないのはデメリットでしかないと言えるでしょう。

動画共有サイトにオリジナル楽曲を投稿し、楽曲製作の需要がありそうな場所には自ら飛び込んでいく。それを繰り返していく内に横の繋がりが必ず出来ますから、後は依頼のきっかけを待つだけです。創作系を副業にするためには人同士の繋がりが必須ですから、あらゆる場所にチャンスが転がっていると思って活動していきましょう。最初は中々依頼が来ないものの、続けていれば必ず作曲でお金を稼ぐことが出来ますよ!曲を作る→投稿する→SNSでユーザーと絡む→依頼を待つ。この流れを繰り返すことが作曲家を副業にするための近道であり、大切なポイントなのです!