二刀流、三刀流で社会を生き抜く

「もっとお金が欲しい」「まだまだ足りない」…きっと、誰もがそのような思いを持っているはずです。仮に現在の収入に満足している方も、いつ減給やリストラの危機が訪れるかは、わからない時代です。収入源を複数持つのも、非常に大切ではないでしょうか。

事情があって外で働けない人も

世の中には、いろいろな事情を持った人がいます。外に出るのが苦手で、家に引きこもっている人。あるいは、身体的・精神的なハンディキャップがあり、外で仕事に就くのが難しい人。しかし、どんな人でも在宅ワークにチャレンジすることはできます。

確かに、報酬がそこまで良くないかもしれません。しかし、それなりの熱意を持って取り組めば、報酬以外のやりがいを見つけることもできるはずです。

その仕事、明日も本当にある?

かつて、永遠に続くかに思われた少年期がやがて終わったように、だらだらと続いている仕事も、急になくなる日が来るかもしれません。失業保険で生活をまかなえる期間も、ごく限られたものです。いずれはきちんと働かなければならない日が必ずやって来ます。

そんなときに「正職」ばかりにこだわるのも、少し考えものです。新卒の学生でさえ就職にあぶれる時代です。速やかに中途入社できる人も、ごく限られています。「もしも」のときのために副業を持っておくのは、この世の中を生きるための、1つの「戦略」ではないでしょうか。

心の安定にもつながる

副業は多かれ少なかれ収入を底上げしてくれます。そして充実した収入は、人に心の安定を与えてくれます。「これだけあれば大丈夫だ」という気持ちは、具体的な態度となって外に現れます。精神的な余裕を持った人物には、会社としてもいろいろな仕事を任せたくなるものです。副業によって得られる安心感が、さらなる金を呼び込む可能性もあります。

日本は、そこまで居心地の悪い場所ではありません。形態にこだわらなければ、あらゆる人に雇用のチャンスが与えられます。チャレンジすれば、必ず「安定」への道は開けるはずです。格差社会、先行き不透明な社会をサバイブするために、「二刀流」「三刀流」の侍に変身しましょう。複数の収入源は、あなたに多くのメリットを与えてくれます。