副業で自由に稼げるサラリーマン

サラリーマンはとても窮屈な職業かもしれません。給料はきちんと決まっていて、1年間一所懸命働いても、それほど大きな昇給は期待できません。その反面、雇用が守られ、一定の給料が約束されているというメリットもあります。労働時間も法的な縛りがあるため、一定時間以上働く必要もありません。しかし、自己コントロールさえできれば、本業以外に副業をもって余分の稼ぎを作ることができるのです。

自営業者から羨ましがられるサラリーマン

サラリーマンの多くは、自由にお金と時間を使える自営業者を羨ましく思っています。しかし、自営業者の中にはサラリーマンを羨ましがっている人が少なくないのです。自営業は先の見えない仕事です。たとえ今は仕事があり、収入があっても、来年、再来年はまったくわかりません。仕事がうまくいかなくなれば、あっという間に路頭に迷う羽目になってしまいます。

会社が仕事を与えてくれて、働く場所と給料を保証してくれる会社員という仕事は、考えようによってはとても恵まれた仕事です。その恵まれた環境を逆手にとって副業を始めれば、ダブルインカムで結構裕福な暮らしができる可能性もあります。たとえ昼間の仕事はイヤイヤながらしていたとしても、副業では自分の趣味を生かすなど、自由に働くこともできます。自分で時間コントロールをし、努力次第ではいくらでも稼ぐこともできます。うまくいけば、副業を本業にすることだって不可能ではありません。とても夢のある仕事と言えなくもないのです。

時間をどう生かして自分で仕事を見つけるかが大切です

サラリーマンには無尽蔵に時間があるわけではありません。平日は、出勤前か退社後の数時間しかありません。1日フルに使えるのは、土日だけでしょう。その限られた時間をどううまく活用するかが、副業をうまくやっていくためのカギとなります。会社員として働く時間は、会社や上司がコントロールしてくれますが、副業の時間は自分で管理しなければなりません。時間管理はとても大切です。

副業を始めてからしばらくはうまくいったけれども、少し経つとうまくいかなくなったという人も少なくありません。本業に加えて何か別の仕事をすれば、体力か知力のどちらかを使います。誰でも疲れるのです。疲れてくれば、休みたくもなりますし、やる気も失せてくるものです。あらかじめそうなることを予想した上で、どう時間設定をしていくのかを考えることも大切です。頑張りすぎると長続きはできません。

楽しみながらできるようにしましょう

副業をうまくこなしていくためには、自分自身に楽しむ気持ちが必要です。たとえそれが単調な仕事であっても、自分の意志で選んで始めた仕事であることを常に意識しながら、どうすれば楽しく続けられるか考えましょう。そうすることで、本業に対しても別の味方や新たな価値観を見つけられることもあるはずです。

副業をすることは、サラリーマンにとって自分自身の新たな面を発見できるとても素晴らしいチャンスになるはずです。自己管理をしっかりしながら、チャレンジしてみましょう。