そんな副業もあるの? 3つの変わり種お仕事

受験や各種検定の教室には、必ず数人の試験官が立っています。この人たちは何も、特殊な訓練を受けた専門の監視員ではありません。大体において、普段は別の仕事をしている一般的な勤め人たちです。求人を見つければ、あなたも試験官になれるかも!?

特別な資格、学歴は不要!

こんなことでも稼げるの!?と驚いてしまうような副業も、世の中にはたくさんあります。チャレンジできそうなものがあれば、応募してみても面白いでしょう。報酬も魅力的ですが、何より人生における貴重な「経験」ともなります。

治験モニターって、知ってる?

たとえば痛み止めのロキソニンから勃起不全治療薬のバイアグラまで、世の中に出回る薬は「治験」と呼ばれる、安全を確認する実験を経て販売されています。この「治験」もまた、1つの副業と言えます。報酬は「協力費」「負担軽減費」とされ、参加者に手渡されます。

「治験」の期間・内容はさまざまです。半年程度の長い期間で効き目を見ていくこともあります。場合によっては、入院を依頼されることも。拘束時間が長いほど、「協力費」も高くなる傾向にあるようです。10万円を超す治験も少なくありません。最近ではジェネリック薬品の治験も増えているようです。例えば、バイアグラは近い将来特許が切れるので後発メーカーが治験のアルバイトを募集することになるでしょう。もし下半身に衰えを感じている方であれば、試しに応募してみてはいかがでしょうか。

結婚式のサクラも…

さまざまな事情があって、結婚式に親族や友達を呼べない人もいます。そんなワケありの新郎・新婦は、「式を盛り上げるスタッフ」を募集することもあるようです。場合によっては歌を歌ったり、スピーチをしたり、「賑やかし」の仕事を任されることもあります。

演技力が豊かな方。あるいは、何か一発芸をお持ちの方にはおすすめできる副業です。依頼内容にもよりますが、1回の出席で5000円程度の報酬を得ることができます。

頭脳を武器に、パズルを作成!

誰でも一度は挑戦したことがあるであろうクロスワード。これも、きちんとしたスタッフがついて作成されています。パズル雑誌では「クロスワード作家募集」の求人が出ていることもあるので、クロスワードパズルが好きな方は挑戦してみても良いでしょう。主婦や高齢者の「作家」が多く、1個の案件で5000円程度の報酬が相場のようです。

世の中には、まだまだ珍妙な副業がたくさんあります。話のネタにも使えるので、時間に余裕がある方はガシガシと参加してみると良いでしょう。中には年齢不問のものも多いので、引退された方、あるいは正職にあぶれた中高年の方も根気よく探してください。