便利屋の外部スタッフとして

どこかクールで、頼れる響きもある「便利屋」。個人で始めるのは困難ですが、ピンポイントで派遣として働くのは、1つの副業となります。あなたの能力を活かせる仕事の依頼が来れば、さあ、「便利屋」として困っている人の元へ直行しましょう。

便利屋さんの登録スタッフになる

俗に「便利屋」と呼ばれるお店は、オーナーと内部スタッフだけで切り盛りしているわけではありません。「便利屋」と標榜しているだけあり、基本的に仕事を断ることができないので、専門的な作業ができる外部スタッフも雇っています。あなたの能力をアピールすれば、登録作業員として働ける可能性もあります。仕事の量は安定しませんが、多彩なスキルを持っている人は、毎回異なった刺激のある仕事をこなすことができるでしょう。

仕事内容はどんなもの?

さすがに「便利屋」の仕事は多岐にわたります。お買い物代行・犬の散歩から、お年寄りや心に傷を負った人の「話し相手」として仕事をすることもあるようです。

中でももっとも多いのは、やはり害虫の駆除や引っ越し作業でしょう。それぞれに専門の業者はありますが、「便利屋」は「他よりも安く請け負います」という触れ込みで、顧客をキャッチしています。どんな仕事も嫌がらずにこなすタフなメンタリティが必要です。

案件と拘束時間で報酬はさまざま

報酬は仕事の内容によって異なります。朝から晩まで1日肉体労働した場合は、その道のプロの方と同程度の収入を得ることもできます。安定した収入を得るのは簡単ではありませんが、仕事によっては、1回の作業で非常に大きな稼ぎを得ることも可能でしょう。多方面に秀でた能力をお持ちの方ならば、内部スタッフとして正式雇用されることもあります。ワケあって正職をお探しの中高年の方も、根気よく働けばチャンスはあるかも…!

「言われたことは何でもこなすぜ」というやる気と能力にあふれた方には、おすすめできる副業と言えます。また、「便利屋」には、どこかカッコいい印象があります。仲間内で、「俺、実は今便利屋で働いているんだ」と明かせば、ちょっとした尊敬を受けるかもしれません。そういった意味では、付加価値も高い副業と言えるでしょう。