おすすめ! 試験官で稼ぐ

受験や各種検定の教室には、必ず数人の試験官が立っています。この人たちは何も、特殊な訓練を受けた専門の監視員ではありません。大体において、普段は別の仕事をしている一般的な勤め人たちです。求人を見つければ、あなたも試験官になれるかも!?



特別な資格、学歴は不要!

「仮にも教育の現場に関わるのだから、専門的な資格や指導経験が必要なんじゃないの?」と考える人もいるでしょう。しかし、一般的な試験官には特別な能力は必要とされません。面接時に誠実な人柄をアピールできれば、誰でも採用される可能性はあります。

学歴についても不問としている求人がほとんど。きちんとした格好(スーツが基本)ができ、教室内の管理ができる落ち着きのある大人ならば、それだけでOKです。

報酬も悪くない

試験官の仕事は、他の副業と比べて報酬の相場も高めです。拘束時間にもよりますが、大体1回の試験で5000円程度の稼ぎを得ることができます。また、報酬とは別に交通費もきちんと支給してくれるところも多く、仕事のために余計な出費がかかることもありません。求人を見つければ、できるだけ早めに応募したい、実に「おいしい」副業です。

魅力も多い試験官

試験官の仕事には、報酬以外の魅力もたっぷりとあります。たとえば、まるで教育者のような気分を味わえる、ということ。人生の中で一度くらい「先生」になってみたい、と言う人にもおすすめできる仕事です。また、勤務態度が良ければ、「今度○○の試験会場に来てくれませんか?」と直接依頼されることもあり、仕事がどんどん繋がっていきます。

仕事の内容も実に簡単で、試験時間中にずっと教室に常駐し、受験者の不正や落し物を見守るだけです。仕事の実態は、ほぼ「立っているだけ」とも言えます。あまり体力的な負担がなく、ラクに稼げるのも、本業に疲れた方々には魅力的でしょう。

数ある副業の中でも、試験官の仕事はかなり高い人気を誇っています。椅子は限られているので、今すぐにでもネットで検索して、面接のアポを取りましょう。