運転免許があれば出来るアルバイト

車の運転免許は持っておられるでしょうか?「若者の車離れが加速している」と言われていますが、それでも日本国内では8000万人以上が運転免許を保有しています。つまり国民の3人に2人は持っている計算になるでしょう。

そして運転免許は、立派な資格の1つです。しかも何十万円も出して取得した資格です。持っているだけで活用していないのは、もったいないの一言です。

車を運転する仕事

車を運転する仕事の代表的なものと言えば、タクシードライバーでしょう。しかしタクシーの乗務員になるには2種の免許が必要など、ハードルは決して低くありません。それにサラリーマンの副業としてタクシーの乗務員は、あまり現実的なバイトとは言えないと思います。

また運送業も、副業で出来る仕事とは言えません。では、平日はサラリーマンをしており、特別な免許も必要なく、週末だけの副業としてできる仕事とは何でしょうか?

ここで紹介したいのは、「宣伝カーの運転」です。危ない方の宣伝カーではなく、企業のロゴなどが入っており、それで町中を走る仕事だと考えてください。

宣伝会社に登録しよう

企業の宣伝活動は、企業自身が行うこともありますが、宣伝会社に委託する場合もあります。とくに週末に街中で宣伝するとなると、自社の社員を出勤させるより、宣伝会社に外注した方がコスト的に安く抑えられる場合もあります。また宣伝会社は「宣伝のプロ」であるため、効率的に宣伝したい企業が外注するケースも多いようです。

そのため、サラリーマンでも宣伝会社に登録して、週末だけ宣伝カーを走らせるという仕事が成立するわけです。もちろん安全運転は基本ですが、難しいテストや面接もなく、サラリーマンが気軽に始められるバイトとして人気と言えるでしょう。

さらに、「毎週必ず運転する」というわけではありません。事前に宣伝会社とスケジュールを確認して、都合が悪ければ断っても構わないでしょう。

勤務地までの交通費が出る業者に登録する

宣伝カーの運転バイトの報酬は、8時間働いて1万円弱です。月に4回やれば4万円弱なので、この時点でサラリーマンの平均的なお小遣いを超えることになります。しかし、注意したいのが「勤務地までの交通費」です。

宣伝カーの仕事は、日によって勤務地が異なります。勤務先に専用の駐車場があれば自分の車で行けば良いですが、たいていは電車やバスなどの公共交通機関を使う方が多いようです。

その場合、意外とバカにならないのが交通費だと思ってください。1回当たりの出費は小さいものの、積もり積もればそれなりの金額になります。たとえば、往復で1000円の交通費がかかるとします。この時、「10回勤務したら、1回勤務した報酬を超える」という計算になります。つまり10回勤務したのに、実際に手に入るお金は「9回分」ということになるでしょう。

そう考えればバカにならないことが分かるため、上限付きでも支給してくれる業者に登録することをオススメします。

「ただ安全に車を運転するだけ」でも立派なバイトになります。しかもスケジュールは自分を優先させても良いため、ぜひ週末の空いた時間を利用してやってみましょう!