コーチングという稼げる副業

副業としてそこそこ稼げるものとして、「コーチング」があります。コーチングとは、依頼者が設定した目標を実現させるべく、励ましたり、ときには愚痴を聞いたりする仕事。手段は、音声通話やメール・チャットなど、都合の良い方法を選ぶことも可能です。興味深い「コーチング」の仕事内容について学んでみましょう。

コーチングは依頼者を目標に導く仕事

コーチングは、依頼者が設定した目標にさまざまな手段によって導く仕事です。主な手段は、電話やメール・チャットなど。定期的に依頼者と連絡を取って、設定した目標に対する進捗度や、不安に思っていることなどを確認し、軌道修正を促します。

進捗していないと感じたり、目標設定に無理があると判断したりした場合は、依頼者にアドバイスすることもあるでしょう。また、依頼者からの弱音に耳を傾けて愚痴を聞くことも仕事内容の一部となります。

しかし、コーチングの目的は、あくまでも依頼者を目標に導く仕事であることを忘れてはいけません。特に世話好きな人がコーチングの仕事を行うと、踏み込みすぎる傾向があります。いつのまにか、依頼者を指導しているような錯覚を起こす人もいますが、目標達成のための黒子の域を超えないように意識することも大切ですよ。

コーチングで孤独な依頼者を影で支える

コーチングを依頼してくる依頼者が、なぜコーチングを必要としているか、考えることが大切です。それは、周りに同じようなサポートを依頼できる人物がいないか、本人のプライドが高くて依頼できないか、立場上弱い面を見せることにためらいがあるか、いずれかでしょう。依頼者がどうして依頼してきたのかを掴むことも、目標達成に導くためには必要なことです。

目標を達成するには、ときには孤独に悩むこともあります。周囲に目標を話すと、それは無理だとか、絶対に実現できないとか、夢を見るな、など否定的な言葉しか返ってこないこともあるでしょう。それでも、依頼者は目標を諦めずに達成したいわけですね。コーチングは、孤独な依頼者を影で支える重要な意味を持つ仕事であることを理解するとともに、中途半端な気持ちで行うべきではないという側面も理解してください。

聞き上手であることは最低限必要な条件

コーチングの仕事は、仕事の性質上、万人にできる内容ではありません。最低限必要な条件としても、人の話をよく聞くことができるタイプではないと務まらないでしょう。

「コーチング」という名称からはこちら側が先導して依頼者の目標を達成させるのだから、聞き上手よりも指導力が重要なのでは、と思う人もいるかもしれません。しかし、あくまでも主役は依頼者側なのであって、コーチングを行っている側は目標達成をサポートする役割に過ぎないのです。

主役である依頼者が本当に望むことが目標設定になっているのかを確認し、適切なアドバイスを添えながら、ときには愚痴も聞いてあげることが重要。コーチングは、ただやみくもに依頼者の背中を押せば良い仕事でもないのです。いずれにしても、根本的に聞き上手でないと、務まらない仕事であることは確です。

まとめ

コーチングも副業として行うと、そこそこ稼げる仕事になります。空き時間を利用すれば、複数人の受け持ちになることも可能でしょう。しかし、依頼者側は自分が設定した目標を達成させるべく真剣なのです。安易な気持ちでできる仕事ではないことと、仕事の本質をしっかり理解することを忘れないでくださいね。