本好きの本好きによる本好きのための副業

読書が大好き! というあなたは「せどり」にチャレンジしてみましょう。古本屋で安く仕入れた商品を高く売るという、実にシンプルな副業です。そちらの方面への知識が強い方は、アプリを使わずに稼げるかも!?

スマホアプリを使って、古本の転売をしてみませんか? 「せどり」と呼ばれるこの副業は、とても大人気です。本が好きで、よく古本屋にも行くという人は、趣味感覚で始めることができます。アプリもほぼ無料なので、実にハードルが低い副業と言えるでしょう。

「せどり」ってなあに?

価値のある中古本を安く仕入れて、ネットで高く売る。簡単に言えば、それが「せどり」です。もともと本好きの中には古本展を回って同様の仕事をしている人もいましたが、最近ではスマホアプリの普及によって、この副業で稼いでいる人もかなり増えてきています。

アプリはどうやって使うの?

「せどり」のための代表的なアプリの1つに、「せどりすと」というものがあります。このアプリは使用法も実にシンプルです。起動してカメラモードにし、バーコードを読み込ませるだけ。すると、その本が今アマゾンでいくらで売られているか、教えてくれます。ネットの価格よりも安く買えるなら、購入。転売すれば、儲けを手に入れられるわけです。
せどりで使うのをお勧めしたい4つのアプリ・ソフト - NAVER まとめ

高く売れる本は…

せどりで得られる儲けの平均的な単価は、決して高くありません。お店側もかなり慎重に査定しているので、そう易々と稼がせてはくれないようです。しかし、絶版本を狙えば一気に数千円のお金を得ることもできるかも…! また、専門書も高く売れる可能性があります。そもそもその方面への知識が強い本好きには、やはりおすすめできる仕事です。

高価買取してくれる作家の本を覚えて、ある古本屋でその本を安く買い、そのまま別の店で売る、というのも1つの稼ぎ方です。最近では村上春樹さんや東野圭吾さんらの本がかなり高く売れているようです。もしかしたら、あなたの家の本棚にも並んでいるかもしれません。仮にサインでも入っていたりすれば、一気に何万も稼げる宝物ともなり得ます。

時間の割に決して儲けはよくない副業ではありますが、古本屋の雰囲気が好きな方は、稼ぎを度外視し、時間を忘れて熱中できるかもしれません。自分で読みたい本も一緒に探しながら、楽しく小金を儲けましょう。欲しかった本も、せどりで得たお金でタダになるかも! まさに本好きの、本好きによる、本好きのための副業と言えるでしょう。