記事代行業というお小遣い稼ぎ

インターネットには無数のサイトやブログがありますが、その中の記事をオーナーに代わって行う記事代行業という仕事があります。1文字何円というふうに、文字単価で書くこともあれば、1記事何円のように記事単位で報酬が支払われる例も。パソコンに向かって文字を打つことが好きだったり、調べものをまとめる作業が苦にならなかったりする人には、おすすめの副業です。

最初は単価が安いが昇給もある仕事

記事代行業は、WEB上のサイトやブログに載せる文章をオーナーに代わって執筆する仕事です。内容は、個人の日記レベルから本格的なノウハウ記事までさまざま。個人の執筆レベルに合わせて仕事を選ぶことができるのも、大きなメリットと言えます。

今までは、本格的なライターになるには、文章の書き方の勉強や出版社などでの実務経験などが必要とされました。でも、インターネットで募集される記事代行業は、比較的初心者レベルのスキルでも仕事があります。特に、大量の記事を募集しているところは、内容も簡単なテーマで文字数も多くないことから、初心者でも取り組みやすいでしょう。

最初は、どうしても単価が安い仕事が回ってくるでしょうが、実績を積んでいくごとにクライアントから昇給を持ちかられることもあります。単価を上げていくためにも、仕事に対して指定された条件を守ることと、納期に遅れないことが最低条件と心得ておいてください。

単価設定はクライアントごとに違うので注意

ただし、同じ記事代行業でも、単価設定はクライアントごとに違う点に注意しなくてはなりません。記事代行業にどのくらいの報酬単価を設定するかは、クライアントの予算によるところが大きいとも言えます。1文字当たり何円と設定するところもあれば、指定の文字数以上で1記事何円、と言われることもあるでしょう。同じような内容・レベルの記事を要求されても、あるクライアントは1記事あたり10,000円になるのに、別のクライアントは5,000円、ということも多いにありえます。

同じ仕事を請けるのなら、単価が高いクライアントから請けた方が効率良く稼ぐことができるのは明らか。できるだけ高単価で依頼してくれるクライアントをみつけることが、大切でしょう。

ただし、いくら高単価なクライアントであっても、指定事項が細かすぎたり、やりとりの手間がかかりすぎたりして、コストパフォーマンスが悪いこともよくあること。ひとつの記事に時間や手間がかかりすぎると、仕事が滞ってしまって効率が悪くなりますので注意しましょう。

高単価で仕事をするには経験も必要

記事代行業は、非常に多くの仕事がある一方、最近は単価が低迷してきている傾向もあります。それは、多くの人がパソコンに触れる機会を持つことで、手軽に記事代行業を行うようになったことで仕事を希望する人が多くなったことも理由でしょう。

多くの仕事希望者がいても、高単価で仕事を請けていくには、経験を積んで高クオリティな記事を書くことが条件となります。また、クライアントからの信頼を獲得することも大切でしょう。結局は、記事代行業も経験と信頼がものを言う仕事に変わりはありません。

高単価な案件を依頼されるようになるためには、日々仕事のクオリティに気を配るほか、納期を厳守し、クライアントからの信頼を獲得することが近道。最初から高単価で仕事を請けることは、難しいと考えておいてください。

まとめ

インターネットのサイトやブログの記事を、オーナーに代わって執筆する記事代行業。パソコンで文章を打てる人ならば、比較的参入が簡単な副業の代表格です。多くの人がやりやすい仕事ではあるのですが、高単価で仕事を請けるためにはそれなりの経験などが必要。高単価で良い条件での仕事は、期待しすぎないようにしましょう。